Top >  包茎の基礎知識 >  包茎の種類について

包茎の種類について

包茎の基礎知識を紹介します。
包茎というのは、包皮によって亀頭が隠れている状態のことをいいますが、包皮のかぶり方の状態によって、3種類に分類できます。
その3種類とは、真性包茎、カントン包茎、仮性包茎というものです。
包茎の一つ目の種類、真性包茎とは、亀頭が完全に包皮に覆われた状態の包茎をいいます。
次に、カントン包茎という種類は、亀頭の出入りする包皮の出口が極端に狭い状態の方形のことをいいます。
そして、仮性包茎ですが、この種類の包茎が日本人に最も多い包茎だといわれています。仮性包茎は、普段は包皮が亀頭を覆っていますが、勃起時には包皮が下がり、十分に亀頭が露出するというタイプの包茎です。
包茎の基礎知識としての種類を紹介しましたが、自分は包茎だと悩んでいる方も、どの状態の包茎かを知ることで、受ける必要のある治療の方法選ぶ参考にしてください。

包茎の基礎知識

包茎の基礎知識

関連エントリー