Top >  包茎の基礎知識 >  包茎による病気~尿道炎~

包茎による病気~尿道炎~

包茎の基礎知識として、包茎による病気にも目を向けましょう。
包茎によって引き起こされる病気の一つに「尿道炎」があります。
尿道炎は、尿道に淋菌やクラミジア、雑菌などが付着、
侵入して炎症を引き起こす性感染症(STD)の事です。
尿道炎は、性行為などで感染する事が多いのですが、男性の場合は、
恥垢がたまりやすい包茎の人が、かかりやすいといえます。
包茎によって、恥垢がたまりやすく、また雑菌も同時にたまりやすのが、その原因です。
この事から、包茎の人は、常に清潔にし、衛生面に気をつける必要があるでしょう。
もちろん、女性にも尿道炎はみられますが、男性の方が、かかりやすといわれています。
尿道炎は、侵入する菌によって、症状が違ってきますが、
排尿時などに痛みがはしるとか、普段と違う場合は、病院へ行きましょう。

包茎の基礎知識

包茎の基礎知識

関連エントリー