Top >  包茎の基礎知識 >  尖圭コンジローマとは

尖圭コンジローマとは

包茎基礎知識として、包茎による病気にも目を向けましょう。
包茎によって引き起こされる病気の一つに「尖圭コンジローマ」があります。
尖圭コンジローマは、男女ともに性器や肛門のまわりに、イボができ、
痛みや痒みを伴わない場合が多くみられる、性病(STD)の一種です。
しかし、イボができない場合もあるようです。
尖圭コンジローマの原因としては、性行為などによって、
ヒト乳頭腫ウィルスが感染した事が原因で発症する事が多いですが、
感染源を特定できない場合もあります。
また、原因の一つとして、不衛生な事が上げられています。
尖圭コンジローマは、包茎の人の発病率が高く、また再発性が高い病気です。
もし、性器や肛門などにイボを発見したら、痛みや痒みがなくても、
早々に病院で治療をし、再発しないようにしましょう。

包茎の基礎知識

包茎の基礎知識

関連エントリー