Top >  包茎矯正 >  カントン包茎矯正方法

カントン包茎矯正方法

カントン包茎矯正方法は、基本的に真性包茎の矯正方法と同じになります。
しかし、カントン包茎は、包皮の開口部が狭く、包皮を剥く事が困難で、
剥けたとしても、さまざまな弊害が起こります。
例えば、無理やり包皮を剥いた場合、亀頭の根元が締め付けられ、
もとに戻らなくなり、亀頭がうっ血することがあります。
最悪、壊死することもあるので、剥ける状態であっても、無理はしないで下さい。
真性包茎の矯正方法同様、包皮の開口部を、毎日お風呂などで広げる訓練をしましょう。
もちろん、どの矯正方法にもいえますが、痛みを感じるようであれば、
無理はぜすに、止めて下さい。
もし、矯正方法を行なって、痛みが続く場合や包皮がもとに戻らなくなった場合などは、
早めに専門医の診察を受けて下さい。
毎日少しずつ、気長にカントン包茎を矯正していきましょう。

包茎矯正

包茎矯正

関連エントリー