Top >  包茎手術 >  包茎手術を受ける理由

包茎手術を受ける理由

一般的に、包茎手術を受ける理由としてあげられるのは、
「包茎だから」「包茎は不衛生だから」「コンプレックスがある」など、
包茎の状態から抜け出したい、という理由が多くみられます。
つまり、包茎に対するマイナスイメージが、包茎手術を受ける理由といえます。
しかし包茎は、陰茎を清潔に保っていれば、病気にかかる可能性も低く、
何も問題はないといえます。
特に仮性包茎の人が、包茎手術を受ける場合、感染症など病気でない限りは、
手術の必要はありません。
真性包茎やカントン包茎の場合は、状態によって手術による治療が必要ですが、
陰茎を清潔に保ち、本人が気にしなければ、
包茎手術はしなくてもいいかもしれません。
包茎を治すためといっても、手術です。
手術を受ける前に、
どのような理由で包茎手術を受けるのか、少し考えてみるといいでしょう。

包茎手術

関連エントリー