Top >  包茎の基礎知識 >  包茎の歴史~日本

包茎の歴史~日本

日本では、「包茎は恥ずかしい」と思っている人が多いようですが、
そのように思われるようになったのは、いつ頃からなのでしょうか?
日本の包茎の歴史から見ると、“恥ずかしい”という認識が生まれたのは、
江戸時代の頃だそうです。
江戸時代に篤胤という、国粋主義者(自国が他国より優れていると主張する人)が、
外国人の包茎を目にし、それをあざ笑ったことで、
包茎は恥ずかしいという認識が生まれ、それが世間に広まり、
それから「包茎=恥ずかしい」という風に思われるようになったのでしょう。
このような歴史からか、現在学校での性教育の授業などで、
包茎についての学習は行なわれていないそうです。
しかし、最近はインターネットなどで、包茎について様々な情報が得られます。
そこで、「包茎=恥ずかしい」という偏見のある情報しか得られなかったら、
思い悩んでしまうでしょう。
日本の包茎の歴史は上記のようになっていますが、
その認識は改めていかなければ、いけないでしょう。

包茎の基礎知識

包茎の基礎知識

関連エントリー