Top >  包茎の基礎知識 >  包茎が感染症になりやすい理由

包茎が感染症になりやすい理由

包茎の人は感染症になりやすいと言われていますが、それは何故でしょう?
包茎の人が感染症になりやすい理由は、その皮膚の細菌にあります。
陰茎の皮膚の表面には、身体に害のない無数の細菌が繁殖しています。
その皮膚の菌は、他から害のある細菌が来た時に、
その繁殖や感染を防ぐ役目をしています。
しかし、いくら身体に害が無いからと言っても、増えすぎるのは問題です。
包茎は、亀頭が包皮に覆われる事で、湿っており、温かく、分泌液も多いので、
細菌の繁殖に適している環境なので、増えやすいといえます。
そのため、包茎の人は、感染症にかかりやすいのです。
また、陰茎の皮膚は、他の皮膚と比べて弱く、傷が付きやすいので、
小さな傷から細菌が侵入し、感染症にかかることもあります。
包茎の人が感染症にかかりやすい理由は、このよなわけからですので、
清潔にするように心がける必要があります。

包茎の基礎知識

包茎の基礎知識

関連エントリー