Top >  包茎の種類 >  カントン包茎について

カントン包茎について

仮性包茎

包茎の種類の中でも、カントン包茎は 必ず治療・手術をしないと治らないものです。

カントン包茎には、

  • 通常時に包皮が剥けているが、勃起時に剥けない
  • 勃起時に剥けるが亀頭が締め付けられている
  • 通常時も勃起時も包皮が剥けない

以上の3種類があります。

3種類の中でも、勃起時に剥けて締め付けられる状態の人の場合は、 治療や手術が必要ないと思っている人も多いようです。

しかし、締め付け感のある人の場合は、勃起時に剥けて、 包皮が戻らなくなってしまう状態になる場合もあります。

また、締め付け感があるということは、 包皮の出口が狭いということですので、 勃起時に無理に押し広げられ、切れてしまうこともあります。

切れた傷口から細菌が入り、 大きく腫れ上がってしまうことも考えられます。

カントン包茎は安易に放置してしまうと、 最悪、亀頭部の血行不良によって懐死してしまいます。

カントン包茎の可能性があるかもと、思われる方は、 ぜひ早期に医師の診断を受けましょう。

包茎の種類

包茎の種類

関連エントリー