Top >  包茎手術 >  包茎手術をした後

包茎手術をした後

包茎手術をしようと思っている人は、包茎手術のことも気になると思います。
包茎手術をした後は、その包茎手術によって異なります。
今回は、切る包茎手術をした後について説明したいと思います。
切る手術ですので、切除した部分の縫合が行われます。
包茎手術に限らず、どのような手術でも、縫合部分の腫れは起こります。
この手術後の腫れは、適切な処置で長くても1ヶ月ほどで治まるそうですが、
3ヶ月以上つづくようなら、医師の診断が必要になります。
また縫合に使われる糸によっては、包茎手術後「抜糸」が必要になります。
しかし、現在は溶ける糸を使っている病院が多いので、抜糸の必要がなく、
糸は10日~2週間程度で消えるそうです。
包茎手術後には、もちろん多少の痛みもあり、陰茎のむくみなどもあるそうです。
包茎手術の後には、このような事があることを覚えておきましょう。

包茎手術

関連エントリー