Top >  真性包茎 >  真性包茎に手術の必要はあるの?

真性包茎に手術の必要はあるの?

包茎の中の一つ、真性包茎は、手術による治療が必要なのでしょうか?
真性包茎は、亀頭は包皮に覆われていて、包皮の開口部が狭く、
亀頭を露出させる事が出来ない状態の事を指します。
このように、真性包茎は、亀頭が露出できないので、
恥垢が溜まりやすく、陰茎を綺麗に保たなければ、
感染症などにかかる原因にもなりますので、治療する必要はあるでしょう。
しかし、真性包茎の状態によっては、自分で矯正する事もでき、
必ずしも手術による治療が必要という分けではありません。
包茎手術による真性包茎の治療が必要な場合は、
包皮が亀頭に癒着していて、自分で矯正が出来ないとか、
重度の真性包茎の場合でしょう。
まずは、包茎矯正などを行ってみてから、手術を受けるかどうか決めるといいでしょう。

真性包茎

真性包茎

関連エントリー