Top >  包茎の基礎知識 >  包茎の原因について

包茎の原因について

包茎の基礎知識として、包茎の原因について紹介します。
包茎の原因は、それぞれの包茎の状態によって違ってきます。
全体に共通していえる事は、遺伝よりも後天的な原因が大きいといわれている事です。
真性包茎の場合、普通は年齢と共に自然に剥れる、
包皮と亀頭との癒着が剥れないのが原因になっています。
仮性包茎の場合は、亀頭が包皮に包まれた状態での自慰で皮が伸びた、
生まれつき包皮が長いなどの原因が考えられています。
ただし仮性包茎の原因は、特定できない場合もあります。
カントン包茎の場合、先天的なもので、包皮の開口部が狭いのに、
強引に包皮を剥き、亀頭部を無理やり露出させようとした場合、裂傷の恐れがあります。
また他の原因として、肥満があります。
肥満により下腹部に脂肪が溜まると、余分な皮が下がり、
包茎の原因になる事もあります。

包茎の基礎知識

包茎の基礎知識

関連エントリー