Top >  包茎の基礎知識 >  亀頭包皮炎の自分でできる予防法

亀頭包皮炎の自分でできる予防法

包茎の人がかかる病気に、「亀頭包皮炎」があります。
亀頭包皮炎は、亀頭と包皮の間に、細菌が入る事によって、
炎症が起こる病気です。
亀頭包皮炎の原因としては、包茎によって、陰茎が不衛生な状況にある事や、
亀頭や包皮の傷からの細菌などの感染と言われています。
その亀頭包皮炎は、自分で予防できる病気といえますので、
予防法を知り、病気にかからないように、気をつけましょう。
亀頭包皮炎の自分でできる予防法として、最初に気をつける事は、
以前も書きましたが、陰茎を清潔に保つ事でしょう。
特に包茎の人の場合、亀頭が包皮に覆われ、不衛生になりがちですので、
毎日清潔に保つ事が、病気にかからない予防法として、一番大切でしょう。
次にいえる事は、汚れた手で陰茎を触らないという事です。
せっかく清潔に保っていても、汚れた手で触れば意味がありません。
これが、亀頭包皮炎にならないための、自分で出来る予防法です。

包茎の基礎知識

包茎の基礎知識

関連エントリー