Top >  包茎手術 >  包茎手術の方法~環状切開術

包茎手術の方法~環状切開術

包茎手術を考えている人は、手術を決める前に、
包茎手術の方法について知っておきましょう。
今回は、環状切開術という包茎手術の方法について紹介します。
環状切開術は、包茎手術の中でも、一般的に行われている方法になります。
環状切開術は、陰茎を最大限に伸ばし、
余分な包皮を環状に切除する包茎手術になります。
この手術では、包皮小帯(裏スジ)は切除しないのが一般的ですが、
早漏防止で切除する場合もあるそうです。
環状切開術による包茎手術のメリットは、20分程度で終わる時間の短さや、
勃起時の陰茎の長さを測って行うので、手術後包皮の突っ張り感がない、
手術の後の痛みがあまりないなどあります。
デメリットとしては、縫合部位が比較的目立つ場合があったり、
入院が必要な場合があるなどがあります。
これが包茎手術の方法の一つ、環状切開術になります。

包茎手術

関連エントリー