Top >  包茎手術 >  包茎手術の方法~亀頭直下埋没法

包茎手術の方法~亀頭直下埋没法

包茎手術を考えている人は、包茎手術の方法を知っておきましょう。
包茎手術の方法の一つに、亀頭直下埋没法があります。
亀頭直下埋没法は、勃起時の陰茎の大きさに合わせて、
余分に余っている包皮を切除し、亀頭の下で縫合するという手術方法です。
現在、多くの美容外科や形成外科などで行われている、包茎手術だそうです。
亀頭直下埋没法による包茎手術のメリットは、縫合部位が亀頭の下なので、
術後も傷跡が目立たないことや、基本的に入院の必要がないこと、
勃起時に包皮の突っ張り感がないことがいえます。
逆にデメリットとして、入浴が10日~2週間ほどできない(シャワーは可)ことや、
稀に手術後出血があること、性行為は3週間~1ヶ月ほどできないことなどがあります。
これが、包茎手術の方法の一つ、亀頭直下埋没法になります。

包茎手術

関連エントリー