Top >  包茎手術 >  切らない包茎手術

切らない包茎手術

包茎手術というと、一般的に、
余っている包皮を切開(切る)するもののように思われていますが、
包茎手術の中には、切らずに行う手術もあります。
切らない包茎手術としては、ナチュラルピーリング法や根元部固定法があります。
これら切らない包茎手術は、軽度の仮性包茎の人に行うのが一般的です。
切らないことでのメリットとして、痛みがほとんどなく、傷跡ができないことや、
体への負担が少ないことなどがあります。
しかし、他の包茎手術と同様に、切らない包茎手術には、デメリットもあります。
切らないので、元の状態に戻ってしまう可能性があることや、
包皮が多く余っている場合は行いことがあるなどの、デメリットがあります。
これが切らない包茎手術になります。

包茎手術

関連エントリー