Top >  包茎の基礎知識 >  包茎による弊害

包茎による弊害

包茎の基礎知識として、包茎によっておこる弊害について、まとめて紹介したいと思います。
包茎は病気ではありませんが、包茎であることで、いろいろな弊害が起こることがあります。
包茎による弊害は、以下のようなものがあります。
●亀頭が露出しないので、恥垢(ちこう)が溜まりやすい
●溜まった恥垢が酸化し、悪臭がする
●通気性がよくないので、細菌が増えやすく、性病にかかりやすい
●亀頭が覆われていることで、発育が遅れ先細りになりやすい
●包茎のコンプレックスから、異性に対して自信がもてない
●亀頭の根元に、ウィルス性のブツブツができやすい・・・・などです。
このほかにもありますが、包茎による主な弊害としては、このようなものがあります。

包茎の基礎知識

包茎の基礎知識

関連エントリー