Top >  カントン包茎 >  カントン包茎の問題点

カントン包茎の問題点

カントン包茎の問題点は、どこにあるのでしょうか。
カントン包茎は、包皮の開口部が狭いために、強引に包皮を剥いて、
亀頭を露出させると、包皮が元の状態に戻らなくなるという問題点があります。
そのような状態をそのままにしておくと、炎症などを引き起こす可能性があります。
最悪の場合、亀頭部分がうっ血し、壊死してしまう危険性もあります。
壊死してしまうと、ほぼ再生は不可能といえるので、早急な治療が必要になります。
カントン包茎では、性行為などでの勃起時に、包皮が切れやすいという事があります。
その切れた場所から、雑菌や細菌が入り込み、感染症や性病にかかる問題点があります。
このような事から、カントン包茎は他の包茎より危険性が高いといえるので、
無理に包皮を剥かないように注意が必要です。
そして、早めの受診と治療をおすすめします。

カントン包茎

カントン包茎

関連エントリー