Top >  包茎の基礎知識 >  亀頭包皮炎とは

亀頭包皮炎とは

包茎の基礎知識として、包茎による病気にも目を向けてみましょう。
包茎によって引き起こされる病気の一つに「亀頭包皮炎」があります。
亀頭包皮炎とは、亀頭と包皮の間に、細菌が入り炎症を起こす病気です。
この亀頭包皮炎にかかると、亀頭が赤く腫れたり、
排尿時に痛みがはしるなどの症状が起こります。
亀頭包皮炎は、包茎により恥垢がたまり易く不衛生にしている事や、
また包茎以外の人にも当てはまりますが、
性行為などで亀頭や包皮に傷ができた場合による、
細菌などの感染で引き起こされる病気です。
亀頭包皮炎の治療法としては、抗生物質の内服・外用があります。
もし何度も亀頭包皮炎を発症する場合は、専門医に相談して、
場合によっては包茎手術を考えた方がいいでしょう。
しかし、普段からお風呂などで恥垢を綺麗に洗っておく事や、
汚れた手で陰茎をさわらない事で予防はできますので、
自分で気をつけていれば、かからない病気といえます。

包茎の基礎知識

包茎の基礎知識

関連エントリー